本文へ移動

中日ロドリゲスが離脱後初のキャッチボール「問題なく投げられたし、投げ終わった後も違和感ない」

2022年7月7日 18時26分

このエントリーをはてなブックマークに追加
キャッチボールするロドリゲス

キャッチボールするロドリゲス

 右腕の違和感のため、2軍調整中の中日・ロドリゲス投手が7日、ナゴヤ球場で離脱後初となるキャッチボールを行った。育成左腕の浜田とペアを組み、40メートルの距離で力強いボールを投げ込んだ。
 ロドリゲスは「問題なく投げられたし、投げ終わった後も違和感はないです」とコメント。今季から中継ぎに転向したロドリゲスは“8回の男”として30試合に登板し、チームトップの17ホールドを挙げていた。今後は状態を確認しながら徐々に距離を伸ばしていき、実戦復帰を目指していく。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ