本文へ移動

9発全て…清宮幸太郎”ソロアーティスト”「きょうはそこっす」9回1死二塁の凡退を反省【日本ハム】

2022年7月6日 21時51分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回表無死、右越えに同点本塁打を放つ日本ハム・清宮

3回表無死、右越えに同点本塁打を放つ日本ハム・清宮

◇6日 ロッテ5-4日本ハム(ZOZOマリン)
 日本ハムの清宮幸太郎内野手が自身初の2桁本塁打にリーチをかけた。1点を追う3回に先頭打者で打席に入ると、2ボールからの真ん中低め146キロ直球を右翼席中段へ9号ソロ。本人も打った瞬間に確信して歩き出す完璧な一撃だった。
 新庄監督は「良かったですね、左ピッチャー(相手)で。タイミングはばっちりでしたよね、(次の)ツーベースもいい感じのスイングでしたね」と清宮を絶賛。しかし今季の9本塁打はすべてソロ。走者を置いた場面では一本も出ていない。実際にこの日も9回1死二塁の同点機では平凡な中飛に倒れている。「きょうはそこっす。最後ああいうところで打てるようなバッターにならないといけないなと思いますし、そこっすね。ほんとそれに尽きます。シンカーを打ち損じた。最後打ちたかったです。めちゃめちゃ悔しかった」と反省の弁が続いた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ