本文へ移動

三村「俺が水没させたマイクも」大竹「よく取ってあったな」「モヤモヤさまぁ~ず2」放送15周年展示会

2022年7月6日 20時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロケ帰りのラフな格好で登場した(左から)田中瞳アナ、大竹一樹、三村マサカズ

ロケ帰りのラフな格好で登場した(左から)田中瞳アナ、大竹一樹、三村マサカズ

 お笑いコンビ「さまぁ~ず」の三村マサカズ(55)と大竹一樹(54)が6日、東京・池袋のStudio Mixaで「モヤさまドイヒー展」(7~31日、同所)のプレス向け内覧会に登場した。
 冠番組「モヤモヤさまぁ~ず2」の放送15周年を記念して開かれた展示会で、三村は「最初から、15年見てる方もこの1年見てる方でも絶対に楽しめる」と太鼓判。現在アシスタントを務める田中瞳アナ(25)は「最初の年表で1時間使っちゃいそう」と話し、大竹も「アナウンサー、各4代目までファンがいると思う。そのファンも楽しめる。大江さんなんてもうキャスターだし、もうここでしか見られない」とアピールした。
 また、三村は撮影スタッフについて「もうファミリーですよ。初期からつながってくれて、もちろん卒業した人もいるけど」と語り、「俺が水没させたマイクも飾ってある。負の歴史です。水につかったときの音声さんの『あ、マイク死んだ』って耳によみがえる(笑)」と振り返った。
 大竹も「通常は半年で捨てちゃうようなものもある。よく取ってあったよ」としみじみ。「苦労としては、素人さんと関わるから大変だろうな、と思う。考えすぎると動けなくなるから、考えないでお任せしてる」
 放送当初小学生だったという田中アナは「会場に15年が詰まってる」と見回し、歴代アシスタントの足裏石こう型について「私の石こうが一番キレイにできてました」と胸を張った。
 展示会は番組の年表のほか、ハワイのソープファクトリーにある「モヤさま博物館」の再現や、モヤさまファンにはおなじみのシーンやスタッフがチョイスした事件・ハプニングにまつわる品など秘蔵グッズが展示される。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ