本文へ移動

敦賀気比、福井工大福井、啓新の3校が優勝争いの軸に【高校野球・福井大会】

2022年7月6日 18時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
敦賀気比・上加世田

敦賀気比・上加世田

 第104回全国高校野球選手権(8月6日から17日間)の甲子園代表を決める福井大会の組み合わせ抽選会が6日、福井市内であり、出場28チームの対戦カードが決まった。試合は16日から始まり、順調に日程が進めば28日に福井県営球場で決勝が行われる。今春のセンバツに出場した敦賀気比は高志と、21世紀枠で甲子園初出場を果たした丹生は丸岡―福井農林の勝者と初戦を戦う。
 敦賀気比、福井工大福井、啓新の3校が優勝争いの軸になる。4大会連続での夏の甲子園出場を狙う敦賀気比は上加世田が投打の要。福井工大福井はプロ注目の投打の二刀流・向嶋を中心に守りが固く、今春県王者の啓新も戦力がそろう。エース左腕・井上を擁して21世紀枠でセンバツに出場した丹生、春4強の敦賀工や福井商、美方などの実力校も上位を狙う。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ