本文へ移動

ドラジュニアを7年率いてV3回、昨冬も優勝の湊川監督が退任 後任は元竜戦士の山北茂利さん

2022年7月6日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドラゴンズJr.の湊川前監督

ドラゴンズJr.の湊川前監督

 年末恒例の学童軟式野球「NPB12球団ジュニア(Jr.)トーナメント」で、昨冬優勝した中日Jr.・湊川誠隆監督(42)が退任する。中日は5日、後任は元竜戦士の山北茂利さん(44)と発表した。
 湊川さんは16年に監督就任。15年のコーチ時代から計7年間で決勝4度、優勝3度へ導いた。モットーは「人のプレーを喜べる選手になろう」。東海地区のトッププレーヤーに、チームメートのありがたみや保護者への感謝を伝え続けた。
 退任を受けて本紙に「与えられた役割の中でそれなりにやれる事はできたのかなと思います。連覇のチャンスだったので挑戦したい気持ちはもちろんありましたが、野球振興部の方針なので後任の方に強いドラゴンズJr.を継続してつくり、頑張ってもらいたいと思います」と話した。今後も地域の児童や生徒に野球の楽しさや技術を伝える事業「ドラゴンズベースボールアカデミー」での指導は続ける。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ