本文へ移動

中日ビシエド「何番だって自分の仕事をするだけ」左肩痛から2週間ぶり復帰

2022年7月6日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日ビシエド

中日ビシエド

 左肩痛で離脱していた中日ダヤン・ビシエド内野手(33)が5日、出場選手登録された。背番号66はスピリチュアルな空気をまとい、最下位に沈むチームに「運を呼び込む必要がある」と断言。竜はボテボテの内野安打を失点に結び付けられるケースが散見される。チームにまとわりつく負のオーラを「打」で振り払う。
 どうもうまくいかない状況は把握している。来日7年目。若い野手陣の中でベテランになった。「勝てるときは勝たないといけない。若いチームでやる気も変わる。あとは、運なんだ。少しでもつかめば状況は変わるんだ」と語った。
 真面目なビシ流の運のつかみ方は自問自答にある。「何を失敗しているか自分で分析して、そこをやる。コーチのアドバイスを実践するときも『自分は納得したのか』と自分に問い掛けて、納得してからやることが必要だ」と話した。
 6月21日に出場選手登録を抹消されてから約2週間でのリスタート。立浪監督は3番・ビシエド、4番・A・マルティネスの構想を描いている。「新しい始まりとして、すべての試合勝てるように。打順? 何番だって自分の仕事をするだけだ」と言葉に力を込めた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ