本文へ移動

セクゾ佐藤勝利、撮影現場のエアコン故障で「秋元康さんに差し入れてもらいたい!」 切実なラブコール送る

2022年7月6日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン会見に登壇した(左から)板尾創路、福本莉子、佐藤勝利、浅田美代子、池田鉄洋©「赤いナースコール」製作委員会

オンライン会見に登壇した(左から)板尾創路、福本莉子、佐藤勝利、浅田美代子、池田鉄洋©「赤いナースコール」製作委員会

 アイドルグループ「Sexy Zone」の佐藤勝利(25)が主演のテレビ東京系ドラマ「赤いナースコール」(11日スタート、月曜午後11時6分)のオンライン会見が5日行われ、佐藤をはじめヒロイン役の福本莉子(21)らが出席した。
 佐藤演じる春野翔太朗が、交通事故で運ばれた病院でさまざまなトラブルに巻き込まれていくミステリー。放送作家の秋元康さんが企画・原作を手掛けた。〝5分に1回の恐怖〟をテーマに、連続殺人事件など、スリリングなストーリーが展開される。
 テレビ東京のドラマに初出演、初主演の佐藤は「謎に立ち向かう役ですが、演じていてこの先どうなるのかと思っていたハラハラ感が、ワクワク感に変わってきました。楽しんで撮影しています。地上波の限界を超えるドラマです。暑い夏はこのドラマで冷やっとしてください!」とアピールした。
 劇中では、翔太朗とともに病院に運ばれた、恋人アリサ(福本)とのラブロマンスも見どころになる。佐藤は「アリサに振り回される役ですが、翔太朗は僕自身でいけたらなと思っています。僕の素のままの感じでやろうと意識しています」と役づくりへの思いを語った。
 撮影は、今は使われていない病院で行われている。キャストたちを苦しませているのがサウナのような現場の暑さ。佐藤は「エアコンが故障しててすごく暑い。秋元さんにエアコンを差し入れてもらいたい!」と切実なラブコールで笑わせた。
 これまで体験したミステリアスな出来事に、佐藤は「舞台に出演した時、共演者から〝ここは白い女性がいる劇場なんだよ〟と言われていましたが、なんか白いものが見えて動けなくなったことがありました。心霊現象だったのかどうか…」。また、医師役の板尾創路(58)は「普段は折れることがないのに、今回の現場では弁当を食べるとハシがよく折れる。いたずらされているのか…」と〝恐怖体験〟を明かし、「怖い!」と福本らをびくつかせていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ