本文へ移動

セーラームーン公認5人組「SG5」米で出演 ジャスティン・ビーバーら手がけるBloodPopがプロデュース

2022年7月5日 19時29分

このエントリーをはてなブックマークに追加
SG5=3日、米ロサンゼルスで(LDH提供)

SG5=3日、米ロサンゼルスで(LDH提供)

アニメ「美少女戦士セーラームーン」からインスパイアされた5人組として公式にコラボレーションする初の5人組ガールズグループ「SG5」が3日(日本時間4日)、米ロサンゼルスのロサンゼルス・コンベンション・センターで開催中の「Anime Expo 2022」のメインイベント「マスカレード」に出演した。
 EXILEらが所属する芸能事務所「LDH JAPAN」と、カルヴィン・ハリス、ウィローなどを手がける世界的マネジメント会社「Three Six Zero」がタッグを組んで誕生したSG5は、レディ・ガガ、ジャスティン・ビーバー、テイラー・スウィフトらを手がけるBloodPopがプロデュースを担当。メンバーには「Happiness」から楓=KAEDE(26)、SAYAKA(26)、川本璃=RURI(26)、MIYUU(25)の4人、そして「iScream」からRUI(18)が参加している。今後米国を拠点に世界進出を計画しているという。
 「マスカレード」では4曲を披露。まずはセーラームーンの主題歌をアレンジした「Moonlight Densetsu(ムーンライト伝説)」でオープニングを飾ると、3300人の観客でぎっしり埋まった会場に大歓声が響きわたった。SAYAKAが「Please call me “Saachan!”」と言うと、「さーちゃん!」とファンがすぐにレスポンス。それぞれが頑張って英語でMCに挑戦した。続けて「LETTUCE」「FIRE TRUCK」「TOO MUCH」と続けて楽曲を披露し、観客を完全に自分たちのペースに巻き込むことに成功した。
 今年1月に結成。6月に米テキサスやシカゴのアニメイベントにもゲスト出演しているが、6月28日発売の米ローリングストーン紙で全米デビューがアナウンスされ「北米最大のアニメ・コンベンション」ともいえる今回のイベントで本格始動した。
 KAEDEは「これって今、現実なのかな? と思えるくらい、アーティスト人生の中で新しい挑戦ができることがうれしい。アメリカで初心に返っています」としみじみ。MIYUUも「セーラームーンの楽曲がかかると、どこの会場でも『うわー! 知ってるー!』となるくらいみんな知っていて、日本にいるよりも偉大さを実感しています。『美少女戦士セーラームーン』を通じて私たちのことも知っていただけるなんて、いい機会をいただいていると思います」と語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ