本文へ移動

ハンドボール王国に新星・安達朱里16歳 高校生活3冠締めへ意気込み U18女子コーチも認める能力

2022年7月6日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
安達朱里

安達朱里

  • 安達朱里
  • 安達朱里
◇「羽ばたけ中部勢」
ハンドボール王国とも言われる愛知に期待の新星が現れた。3月の全国高校選抜大会で大同大大同女子ハンドボール部を3位に導いた同校2年の安達朱里(あかり)。当時は1年生ながら大会優秀選手賞にも輝き、新チームでは主将に就任。最終学年で迎える来季の目標に選抜、高校総体、国体での高校3冠を掲げた。
   ◇   ◇
 女子のハンドボール選手としては163センチの小柄な体格がコートの中では大きな存在感を放つ。安達のポジションは司令塔のセンターバック。俊敏な動きで周りの選手を生かしつつ自ら得点も決める。「ミドルシュートが自分の武器。でもパスも得意なので自信はあります」と控えめな口調ながらはっきりと言い切った。
 地元のハンドボールスクールに通っていた姉と兄の影響で、4歳から当たり前のようにボールを握った。愛知・東海市立平洲中時代は1年生のときから3年連続で愛知県選抜に選ばれ、2年生時には全国4強にも入るなどエリート街道を歩んできた。だが、中学最後の大会は新型コロナウイルスの影響で中止。「選抜チームでは大会に出られたけど、部活の仲間と全国大会に出られずに悔しかった」と当時の心境を打ち明ける。
 進学時には多くの高校から勧誘を受けたが、愛知選抜のチームメート5人とともに「みんなで日本一になりたい」と大同大大同を選択。U―18女子日本代表のコーチも務める原田恵監督(42)は「全ての面でレベルが高い。視野の広さ、戦術理解度は高校生ではトップレベル」と、今後の成長次第では日の丸を背負える力もあると評価している。
 3月の選抜大会では準決勝で優勝した洛北(京都)に1点差で惜敗したものの同校最高タイとなる全国3位。スタメン7人中6人が1年生の中でノーシードから勝ち上がる快挙だった。安達は大会優秀選手にも選ばれ「守備も完成されていなかったけど、勝つ度に自信がついてきた」と振り返った。
 新チームでは主将を任された。掲げた目標は選抜、高校総体、国体での3冠達成。「自分たちのハンドができれば手の届くところにあると思う。大きい選手にも負けない技術やフィジカルをつけていきたい」。夢をかなえ、高校生活を笑顔で終わらせる。
   ◇   ◇
 ▼安達朱里(あだち・あかり) 2005年8月14日生まれ、愛知県東海市出身の16歳。163センチ。ポジションはセンターバック。4歳の時に東海ハンドボールスクールで競技を始め、平洲中ではハンドボール部に所属。中学1年から3年連続で愛知選抜に選ばれた。大同大大同では3月の全国高校選抜大会3位に貢献し、優秀選手賞に選出された。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ