本文へ移動

桝太一元日テレアナ、新たに復刊「学研の科学」特別研究員に かつて愛読「理科好きになったきっかけの1つ」

2022年7月5日 13時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
桝太一(左)と「学研の科学」のロゴ

桝太一(左)と「学研の科学」のロゴ

 3月に日本テレビを退社し、現在は同志社大ハリス理化学研究所の専任研究所員となったフリーアナウンサーの桝太一(40)が5日、ツイッターを更新。学習雑誌「学研の科学」の「特別研究員」になったことを報告した。
 1963年創刊の学研の付録付き学習雑誌「1-6年の科学」と姉妹誌「1-5年の学習」は、最盛期に発行部数670万部を記録し、当時の子どもたちから絶大な人気を誇った。「学習」は2009年、「科学」は10年から休刊しているが、7日に「科学」が小学生向け科学書籍「学研の科学」として復刊、発売されることになった。
 桝は同誌の「特別研究員」となり、子どもたちが科学を好きになるきっかけを調査、研究していく。これを桝は「『学研の科学』 子どものころ大好きで、理科好きになった きっかけの1つでした。 (同じ思い出をお持ちの方も、少なくないのではないでしょうか・・)」とつづり、かつての愛読者として、人気雑誌への思いを振り返った。
 また「復刊を喜ぶとともに、 今どきの子どもたちは 科学にどう触れて、何を感じているのか。アンケート等を通して調べていければと思っています」と意気込んでいる。
 7日発売の創刊号は体験キット「水素エネルギーロケット」付きで税込み2970円。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ