本文へ移動

下田丈、AMAプロモトクロス日本人初優勝 三重・鈴鹿出身「素晴らしい一日を過ごせた」

2022年7月5日 13時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
下田丈(カワサキのホームページから)

下田丈(カワサキのホームページから)

 米モトクロスバイクのAMAプロモトクロス選手権第5戦がこのほど、ミシガン州ブキャナンで開催され、三重県鈴鹿市出身の下田丈(20)=カワサキ=が日本人では初となるプロモトクロス優勝を果たした。2日に行われた250クラスのヒート1(モト1)で1位となり、続くヒート2(モト2)でも3位を確保した。プロモトクロスのヒートで勝利するのも日本人で初めてだ。
 「モト1はいいペースでリードを築き、勝つことができた。モト2はスタートは良くなかったが、1周目に数台を抜き、レース中をプッシュを続け、3位で総合優勝をつかむことができた。素晴らしい一日を過ごせた」とコメントした。
 今季で参戦4年目で昨季は年間ランキング5位を獲得。今季は同3位につけている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ