本文へ移動

【ちむどんどん・ネタバレ注意】暢子と愛、恋のやりとりに広がる困惑 ほほ笑みの裏にあるのは遠回しなdisか嫌みか

2022年7月5日 12時29分

このエントリーをはてなブックマークに追加
黒島結菜

黒島結菜

 NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」第62話が5日放送された。ヒロイン・暢子(黒島結菜)と、恋のライバルである愛(飯豊まりえ)の会話にツッコミが相次いだ。
【以下、ネタバレ含みます】
 幼なじみの和彦(宮沢氷魚)への恋心に気付いた暢子は、店を訪れた愛に「和彦くんのことが好き」と告げ、心境を語り始める。愛は和彦と付き合っており、挙式などの話が進んでいるため、恋は諦めると宣言し「困らせるようなこと言ってごめんね」と謝罪。愛はほほ笑み「すごいね、暢子ちゃんは」と返した。
 ネット上ではこのやりとりに注目が集まった。「純粋な尊敬のすごいじゃなくて婚約者相手にそんなこと言えちゃうんだねって含みを持った意味だと解釈してしまう」「結婚間近な恋人がいる男を好きってそれを彼女に伝えるってデリカシーなさすぎてすごい」「遠回しなdis」「無神経さはすごい」と暢子の言動に疑問を持ったり、愛の返しが通常だったら嫌みではないかと考察したりする意見が散見された。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ