本文へ移動

多様な家族の実現を注視 パートナーシップ制度利用、彦根のカップル

2022年7月5日 05時05分 (7月5日 14時53分更新)
ペアリングを薬指にはめた眞澄さん(左)と雅美さん。同性婚が法律で認められることを願い、一票を投じる=彦根市で

ペアリングを薬指にはめた眞澄さん(左)と雅美さん。同性婚が法律で認められることを願い、一票を投じる=彦根市で

 同性婚の法整備を求める声が全国で上がる一方で、参院選では県内のどの候補者も口にする機会が少ない。県内で同性のパートナーシップ宣誓制度を導入しているのは彦根市だけ。市内に住む同性カップルは「私たちの関係は男女の夫婦と変わらない」と話し、多様な家族のあり方に注目が集まり、国会で議論が進むことを願う。 (渡辺雄紀)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

開票速報

参院選2022
参院選2022

関連キーワード

おすすめ情報

参院選 滋賀の新着

記事一覧