本文へ移動

「候補者名も投票可」比例で説明し忘れる 西伊豆町選管

2022年7月5日 11時36分 (7月5日 11時36分更新)
 西伊豆町選管は四日、町福祉センターに設置する参院選期日前投票所で、男性事務主任が比例代表の投票方法を案内する際、候補者名を記入できることを説明しないミスがあったと発表した。
 町選管によると、事務主任は投票に来た有権者に投票用紙を交付する際、政党名の記載だけを呼びかけていた。総務省の通知では、政党名かその略称、立候補者の氏名の記載を案内することになっている。
 一日昼ごろ、町選管に「政党名のみの記載を案内された」との電話が有権者からあり、発覚した。誤った案内を受けたとみられるのは一日午前中に投票に来た約二十人。一日以前に同様の誤りはなかった。
 町選管の担当者は「あってはならないこと。職員に案内方法を徹底させ、二度と起きないよう臨む」と話した。 
  (山中正義)

開票速報

参院選2022
参院選2022

関連キーワード

おすすめ情報