本文へ移動

【下関ボート】全国ボートレース甲子園きょう開幕 ナイター巧者の毒島が好ダッシュ狙う 初日ドリーム戦みどころ

2022年7月5日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大会連覇へ、好枠のドリーム戦はものにしたい毒島誠

大会連覇へ、好枠のドリーム戦はものにしたい毒島誠

 全国47都道府県代表選手が地元の看板を背負って戦う、山口県・下関ボートのナイターG2「第4回全国ボートレース甲子園」が5日、開幕する。初日メインの12Rドリーム戦は、選考勝率1位で無類のナイター巧者として知られる毒島誠(38)=群馬=が大会連覇をかけ、いざ出陣。
◇  ◇  ◇
 絶好枠の毒島が主軸。ペラ調整して臨んだ前検では回転の上がりに不満を口にしたが、このレースまでに上積みは見込める。ナイター巧者で知られ、当地でもSG優勝実績。まずはきっちり逃げて大会連覇に向け好発進したい。
 地元で気合もみなぎる白井が対抗。2コースからこん身の差しハンドルで首位に迫る。新選手会長に就任したばかりの瓜生正義も怖い存在。相棒の54号機は素性もいい。2節前に松井繁が優勝した55号機と組む平本はカドから俊敏な立ち回り。丸野と辻も巧技を繰り出し上位進出へ。
 ▽毒島誠「ペラを叩いたら上がりがかなり悪くなった。スタートは平気だけど、起こしてターンする時の上がりが悪い」

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ