本文へ移動

【プロアマ記念試合】大学・社会人選抜には今秋ドラフト候補ズラリ! ”二刀流”の日体大・矢沢ら注目

2022年7月4日 20時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日体大・矢沢

日体大・矢沢

 野球伝来150年とされる記念事業の一環として、「U-23NPB選抜」と「大学・社会人選抜」が8月1日に神宮で対戦するプロアマ記念試合の出場選手が4日、発表された。中日の根尾昂投手、日本ハムの清宮幸太郎内野手らが出場する「U-23NPB選抜」は侍ジャパン・栗山監督の初采配。一方、「大学・社会人選抜」は今秋のドラフト会議で上位候補に挙がる有力選手がズラリと選出された。
 投打の二刀流で1位候補に挙がる日体大・矢沢は起用法にも注目。大阪桐蔭高で甲子園春夏連覇を果たした立大・山田、浦和学院高3年時に高校日本代表に選ばれた早大・蛭間らドラフト1位候補と同い年の中日・根尾、ロッテ・藤原との顔合わせも楽しみだ。
 6月の全日本大学野球選手権で頂点に立った亜大のエース右腕・青山、大学日本代表に選ばれた駒大・林には即戦力候補としてプロのスカウトも熱視線を送る。
 社会人では昨年の日本選手権でMVPを受賞した大阪ガスの右腕・河野がドラフト1位候補。ヤマハの左腕・佐藤、西濃運輸で正捕手の座を手にした城野といった社会人1年目の活躍にも期待が集まる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ