本文へ移動

身長211センチ東洋大1年生が出場 日本ラグビー史上最長身の存在感に場内どよめく

2022年7月3日 20時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ウーストハイゼン(中央)

ウーストハイゼン(中央)

  • ウーストハイゼン(中央)
  • ウーストハイゼン(顔)
  • ウーストハイゼン(右から3人目)
◇3日 ラグビー・第10回関東大学オールスターゲーム 対抗戦選抜42―38リーグ戦選抜(東京・秩父宮ラグビー場)
 日本ラグビー史上最長身となる南アフリカ出身で、リーク戦選抜のロック、ジュアン・ウーストハイゼン(20)=東洋大1年=が途中出場で“秩父宮デビュー”を飾った。
 後半開始、ピッチに入ると、スタンドからはどよめきがあがった。ウーストハイゼンの身長は211センチ。大男そろいのFWにあっても頭一つ抜きんでている。その体を折り畳んでタックル、アタックに奮闘した。
 「日本のラグビーは速いけど、何度かいいタックル、いいボールキャリーができたと思う」
 来日したのは「外国で勉強とスポーツをやりたいと思っていたら、エージェントが日本を紹介してくれたから」。2019年W杯で南アフリカが優勝して「日本にはいい印象を持っていた」こともプラスに作用した。今季リーグ戦1部に昇格した東洋大の1年生ロックとして春季大会では3試合に出場。そこでの活躍とポテンシャルが認められてオールスターに選出された。
 リーグ戦選抜の指揮を執った木村季由監督は「これからが楽しみな選手です」と称賛。大学ラグビーに超大型の新星が登場した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ