本文へ移動

WBOミニマム王者・谷口将隆の後援会が発足 次の防衛戦は「年内、11月ぐらいがいい」【ボクシング】

2022年7月3日 20時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
祝勝会で挨拶する谷口将隆

祝勝会で挨拶する谷口将隆

 ボクシングWBOミニマム級王者・谷口将隆(28)=ワタナベ=の祝勝会・後援会発足式が3日、東京都内で行われ、約120人が出席した。後援会はこれまで出身地の神戸市、父の故郷・鹿児島県霧島市、現在拠点にする東京の3カ所にあったが合体した。会員は計200人以上になるという。
 「世界を取る前から応援していただいていて。本当にありがたいです。すごい会場で、規模とかは正直まだピンときていません」と谷口は照れ笑いした。4月22日に東京・後楽園ホールで石沢開(M・T)を退けて初防衛を果たした後は落ち着いて過ごしており、練習もすでに再開している。
 6月には同期入門で仲のいいWBAライトフライ級王者・京口紘人の防衛戦(8回TKO勝ち)セコンドにつくためメキシコに渡った。「すごく刺激を受けました。僕もチャンスがあれば海外でやりたいし、防衛戦も強い相手としたい。次は年内、11月ぐらいがいいのかなと。明日からまたしっかり練習します」と、谷口は気を引き締めた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ