本文へ移動

新海誠監督の最新作ヒロインは原菜乃華 1700人超から抜てき 上白石萌音、森七菜に続く人気女優に 11月11日公開、アニメ映画「すずめの戸締まり」

2022年7月5日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヒロイン・すずめの声優を務める原菜乃華

ヒロイン・すずめの声優を務める原菜乃華

  • ヒロイン・すずめの声優を務める原菜乃華
  • 新海誠監督㊧と原
  • 「すずめの戸締まり」のメインカット
 アニメ映画「君の名は。」(2016年)などのヒットで知られる新海誠監督の最新作「すずめの戸締まり」(11月11日公開)のヒロイン・すずめ役の声優に女優原菜乃華(18)が起用されることが4日、分かった。原は参加者が1700人を超えたオーディションを勝ち抜き、声優初挑戦となる大役をつかんだ。まだ実感がわかないと言いながらも「でも何か物すごいことが動き始めたような感覚に、今は目の前がキラキラ輝いています」と新境地開拓に意欲を見せた。
 今作は、日本各地の廃墟を舞台に、災いの元となる〝扉〟を閉めていく17歳の女子高生・岩戸鈴芽(すずめ)の解放と成長を描く現代の冒険物語。新海監督といえば「君の名は。」が興行収入250.3億円、「天気の子」(19年)が同141.9億円の大ヒットを記録。昨年12月に行われた「すずめの戸締まり」の製作発表には、新海監督のほかに上白石と森も駆けつけた。
 ヒロインに抜てきされた原はドラマや映画、CMに多数出演するいま注目の若手女優。今年4~6月に放送されたフジテレビ系ドラマ「ナンバMG5」では、間宮祥太朗(29)が演じた主人公の妹を好演し、話題となった。
 オーディションは非対面のテープ審査を含め、2月初旬から約4カ月にわたり実施された。新海監督自らオーディションに臨んだ1700人超の声を聴き、えりすぐりの中から選ばれた原。最終選考と言われ駆けつけると、新海監督からすずめ役に決まったことをサプライズで告げられ号泣。中学1年の夏に「君の名は。」を映画館で見て、初めて新海監督の作品に触れ「あの一生忘れることのできない胸が震えるような感動を、まさか自分が届ける側になるなんて、全く実感がわきません」と心中を吐露。それでも、これから行われるアフレコに向け「新海監督作品の大ファンであるがゆえに、不安やプレッシャーも大きいですが、監督はじめスタッフ、キャストの皆さまと一緒に、岩戸鈴芽として、喜び、怒り、悲しみ、楽しみ、たくさん悩み考え、成長していけたらと思っています」と意気込みを示した。
 新海監督は原について「感情と声の距離が、誰よりも近い。それが原菜乃華さんの稀有(けう)な才能だと思います」と評価。さらに「分厚い雲が吹き払われた瞬間のようなまぶしくて鮮やかな感情を、原さんならばすずめにたっぷりと与えてくれるはずです。それが今から楽しみでなりません」と語っている。
 新海監督の作品では「君の名は。」で上白石萌音(24)、「天気の子」で森七菜(20)がヒロインの声優を務め、その後、人気女優へとステップアップした。今作で原が女優としてさらに大きく羽ばたくのか注目される。
 ◆原菜乃華(はら・なのか) 2003年8月26日生まれ、東京都出身。主な出演ドラマはフジ系「ナイト・ドクター」(21年)、日本テレビ系「真犯人フラグ」(21~22年)。映画は「罪の声」(20年)、「胸が鳴るのは君のせい」(21年)など。趣味はドラマ・映画鑑賞。特技は水泳。身長161センチ、靴のサイズは23.5センチ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ