本文へ移動

【巨人】吉川尚輝が追いつかれた直後の8回に決勝二塁打 ストップヤクルトへ「諦めずにやっていきたい」

2022年7月3日 19時20分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8回表2死二塁、吉川が左中間に勝ち越し二塁打を放つ

8回表2死二塁、吉川が左中間に勝ち越し二塁打を放つ

◇3日 広島5―7巨人(マツダ)
 試合を決めたのは巨人・吉川尚輝内野手だった。同点に追いつかれた直後の8回2死二塁で、左中間へ適時二塁打を放ち、これが決勝点となった。「(代打の)石川さんが先頭で出て、いい流れで回ってきた。何とかしたいという気持ちもあった。いいところへ飛んでくれました」。連敗を止め、「今日の勝利は本当に大きいと思います」。ヤクルトとのゲーム差はまだまだ大きいが、「まだまだ諦めずにやっていきたいと思います」と語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ