本文へ移動

【広島】2位浮上逃すも…4番マクブルームが3連戦で2発7打点と好調、新加入の秋山も1軍合流へ前進

2022年7月3日 18時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
7回裏2死一、二塁、マクブルームが同点の2点二塁打を放つ

7回裏2死一、二塁、マクブルームが同点の2点二塁打を放つ

◇3日 広島5―7巨人(マツダ)
 広島は勝てば2位浮上というチャンスを逃した。リリーフ陣が踏ん張れなかったものの、マクブルームが7回に同点となる2点二塁打を放つなど好調。4番打者は「打席内でリラックスして打とう、バタバタするのではなくしっかり打てる球を打とうという意識」が奏功しているといい、この3連戦は2発、7打点と殊勲打を連発した。
 また新加入の秋山も調整が一歩進んだ。ウエスタン・リーグの中日戦(由宇)に2日連続出場。無安打ながら3打席に立った。佐々岡真司監督は「もうちょっと様子を見てからかなという感じはしますけど」と慎重ながら、5日からの阪神3連戦(甲子園)での合流も現実的になってきた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ