本文へ移動

【中日】福敬登が8回1死一、二塁で登板しゼロ封脱出「一球一球集中して投げていました」

2022年7月3日 18時06分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8回表途中から3番手で登板した福

8回表途中から3番手で登板した福

◇3日 中日0―3阪神(バンテリンドームナゴヤ)
 中日・福敬登投手がピンチを切り抜けた。3点ビハインドの8回1死一、二塁の場面で3番手として登板。代打・北條を三邪飛に打ち取った後、近本に四球を与え、2死満塁としたが、佐藤輝を遊飛に打ち取った。追加点を与えなかった投球に「一球一球集中して投げていましたが、反省は多々あります。次に生かしたいと思います」とコメントした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ