本文へ移動

【中日】柳裕也、7イニング3失点降板で6勝目ならず 大山&中野に手痛い一発

2022年7月3日 16時06分

このエントリーをはてなブックマークに追加
先発した中日・柳

先発した中日・柳

◇3日 中日-阪神(バンテリンドームナゴヤ)
 阪神と1週間ぶりの再戦となった中日・柳裕也投手は7イニング3安打3失点で降板。6勝目はならなかった。
 手痛い2本のアーチだった。2回先頭の佐藤輝に四球を与えると、続く5番・大山に右中間最深部に着弾する通算100号本塁打を浴びて2点を先制された。3回も1死から1番・中野に右越えソロ。2安打で計3点を失った。4回以降は立ち直り、その後許した安打は1本だけだっただけに悔しい2被弾だった。
 前回登板となった6月26日の阪神戦(甲子園)では初回に2本の適時打で計3点を失ったが、その後は「0」を重ねて7イニング3失点で試合をつくっていた。
 ▷中日・柳「絶対に勝つ気持ちでマウンドに上がりましたが、先制点を取られ流れを悪くしてしまいました。またしっかり準備します」

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ