本文へ移動

野依さん業績たたえ胸像除幕 名古屋大学

2022年7月3日 05時05分 (7月3日 05時05分更新)
胸像と銘板の前で「研究の場が表彰されたことに大変感激している」と話す野依さん=名古屋市千種区の名大で

胸像と銘板の前で「研究の場が表彰されたことに大変感激している」と話す野依さん=名古屋市千種区の名大で

 二〇〇一年にノーベル化学賞を受賞した名古屋大特別教授の野依良治さん(83)の胸像の除幕式が二日、名大野依記念物質科学研究館であった。野依さんが一九八七年に発表した論文が、米国化学会の「歴史的化学論文大賞」に選ばれたのを機に、名大に贈られた銘板とともに設置された。
 同賞は化学分野での歴史的業績をたたえ、その研究を支えた研究機関を顕彰。これまでに約八十の論文が選ばれ、欧米の研究機関が顕彰されてきたが、アジアの研究機関が受賞したのは初めて。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧