本文へ移動

新種牡馬レッドファルクス産駒ナックブレイブが新馬V 杉浦師「短い所なら結構やれると思う」【福島5R新馬戦】

2022年7月2日 21時47分

このエントリーをはてなブックマークに追加
◇2日 5R(新馬戦・福島・芝1200メートル)
 5番人気で新種牡馬レッドファルクス産駒のナックブレイブ(牡2歳、母ワキノバクシン、美浦・杉浦)が、3番手から力強く抜け出して新馬V。父に初勝利をプレゼントした。
 4コーナー付近で目の前にいたニシノメラーキが外に逸走するアクシデントがあったが関係なし。木幡巧は「スタートが速くて脚をためるのに専念して、思っていた以上に脚を使ってくれました」と高評価。杉浦師は「短い所なら結構やれると思うよ。この後はひと息いれます」。厩舎の看板馬だったナックビーナスのような短距離路線を歩みそうだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ