本文へ移動

サツマノオンナ6馬身差快勝に松山「強かったです」2番人気が九州産限定戦を制した【小倉5R新馬戦】

2022年7月2日 21時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
◇2日 5R(新馬戦・小倉・芝1200メートル)
 2番人気の牝馬サツマノオンナ(父スクワートルスクワート、栗東・新谷)が快勝で初陣を飾った。ハナを取りきると、直線では影をも踏ませずに6馬身差をつけて九州産限定戦を制した。
 鞍上の松山は「すごく素直で乗りやすい馬ですね。良い調教がされているなという感触がありました。枠も良かったですし、自分のペースでいい形でいけて最後も6馬身差。強かったです。まだ緩さがありますから、まだ良くなると思います」と評価。新谷師は「仕上がりは良かったですが、思っていた以上に走ってくれました。この後は栗東に戻して様子を見ながらになりますが、ひまわり賞(8月27日・小倉・芝1200メートル)になると思います」と次走を見据えた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ