本文へ移動

【大相撲名古屋場所】豊昇龍、出稽古で痛めた右足首にテーピングほどこし無理をせず、体慣らしに終始

2022年7月2日 19時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
胸を出す豊昇龍(左)(代表撮影)

胸を出す豊昇龍(左)(代表撮影)

 立浪部屋が名古屋市南区での稽古を公開し、東小結の豊昇龍はぶつかり稽古で胸を出すシーンも見られたが、ほとんど土俵周りでのトレーニングに終始した。1日に名古屋入りしたばかりとあって、まだ体を慣らしている段階。しかも2日は右足首から甲の辺りにテーピングを施し、足袋を履いていた。報道陣の電話取材では出稽古で痛めたことを明かし、「大丈夫」と口にしたが無理はしなかったようだ。「とにかくこの三役の地位を守っていきたい」と意気込みを語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ