本文へ移動

赤井英和の長男・英五郎が2戦目でプロ初勝利「パンチをもらって目が覚めた」リングサイドの父も喜び爆発【ボクシング】

2022年7月2日 19時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
長男のKO勝利を喜ぶ赤井英和(左)と英五郎

長男のKO勝利を喜ぶ赤井英和(左)と英五郎

 ボクシングのミドル級東日本新人王予選が2日、東京・後楽園ホールで行われ、元ボクサーで俳優の赤井英和(62)の長男、赤井英五郎(27)=帝拳=がマッチョパパ一基(33)=協栄新宿=に2回50秒TKで勝ち、2戦目でプロ初勝利した。開始直後に被弾する場面もあったが、すぐに冷静さを取り戻し、最後は痛烈な右アッパーで豪快にKO勝ちした。
 「(パンチを)もらって目が覚めた感じでした。反省点ばかりですが」と英五郎。とリングサイドで見守り、勝利の瞬間は立ち上がって喜びを爆発させた父・英和は「英五郎は本当にパンチがある。父親として、息子が勝つ試合を見るとこんなにうれしいんやと思いました」と、目を細めた。
 英五郎は父を題材にした映画「AKAI」を監督し、9月9日から全国順次ロードショーされる。左アキレス腱(けん)などの負傷でボクシングもできなかったコロナ禍の最中に「身近な人への手紙のつもりで(英五郎)」制作し、当初はネットで公開するつもりが、映像を見た配給会社から高く評価されるなど、巡り合わせで劇場公開になった。
 父・英和は「まだ見せてもらってない」とこぼしたが、英五郎は「一度見せたんですが、酒に酔っていて途中で帰ってしまって覚えていないみたいなんですよ」と、赤井英和“らしい”エピソードを明かしていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ