本文へ移動

【中日2軍】ブライト、2戦ぶり2号ソロ 変化球をぐっとためて捉え滞空時間の長い飛球を左翼席中段へ

2022年7月2日 14時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブライトが同点ソロを放つ

ブライトが同点ソロを放つ

◇2日 ウエスタン・リーグ 広島―中日(由宇)
 中日がブライト健太外野手の2号ソロで同点に追い付いた。
 1―2と1点を追う6回1死の第3打席だった。高めの直球を空振りした後の2球目。112キロの変化球に泳がされることなく、ぐっとためて捉えた。これぞホームランバッターと思わせる滞空時間の長い飛球が左翼席中段に吸い込まれ、同点のソロアーチとなった。ブライトは6月30日の阪神戦(杉本商事)でプロ初本塁打を放って以来、2試合ぶり。
中日新聞フォトサービス
中日新聞フォトサービス
おすすめ情報

NEWS

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ