本文へ移動

「空梅雨」コアユ不漁 長浜・姉川と高時川、水位低下で遡上できず

2022年7月2日 05時05分 (7月2日 15時15分更新)
空梅雨で川の水が枯れた状態の高時川=長浜市錦織町の錦織橋付近で

空梅雨で川の水が枯れた状態の高時川=長浜市錦織町の錦織橋付近で

 近畿地方で統計開始以来最も早い梅雨明けが発表されるなど「空梅雨」の影響で、長浜市を流れる姉川や高時川は水位が低下し、今が旬のコアユが不漁に見舞われている。渇水で琵琶湖から川に遡上(そじょう)できないためで、漁業関係者は「何もできない。お手上げだ」と悔しがる。 (伊東浩一)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報