本文へ移動

【富山】催事で補助金不正 チューリップTV 業者名で申請

2022年7月2日 05時05分 (7月2日 05時05分更新)
 チューリップテレビ(富山市)は一日、主催するイベントに交付された国の補助金の申請が不適切だったと発表した。二〇二〇年から二一年にかけて主催した八件のイベントで不適切に申請され、計三千三百万円余りが交付されていた。補助金を国に全額返還する。
 不適切だったのは新型コロナウイルス感染拡大の影響で公演を延期・中止した事業者を対象にした申請。本来は主催者のチューリップテレビが申請しなければならないところを、申請資格のない委託先の地元イベント業者が代行していた。実際には公演費用を負担していない業者が負担したことを偽るなどしていた。
 チューリップテレビの山野昌道社長は「イベント業者名で申請したことは不適切で、報道機関として認識の甘さがあったと言わざるを得ない」との談話を発表した。

関連キーワード

おすすめ情報

北陸発の新着

記事一覧