本文へ移動

松本潤ら名古屋で「どうする家康」取材会、大森南朋、松重豊ら”徳川家臣団”と甲冑姿で登場

2022年7月1日 21時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
どうする家康」に出演する左から山田裕貴、大森南朋、松本潤、松重豊

どうする家康」に出演する左から山田裕貴、大森南朋、松本潤、松重豊

 2023年のNHK大河ドラマ「どうする家康」に主演する嵐の松本潤(38)が1日、NHK名古屋放送局で会見した。主演で徳川家康役の松本は、酒井忠次役の大森南朋(50)ら徳川家臣団の3人と共にりりしい甲冑(かっちゅう)姿で登場した。
 松本は総髪に金色の甲冑をまとい、「すいませんお待たせして。撮影の方が盛り上がっちゃって」とあいさつ。「こんなに遅れてくるのはマドンナとガンズ&ローゼズぐらい」と笑わせた。
 撮影は5月下旬に始まり、東海地方でのロケ1割、スタジオ9割で行われている。松本は6月5日にクランクイン。今週からいよいよ家臣団との撮影が始まり、「非常に有意義で刺激的な時間を過ごしています。何より毎日楽しく、話題の絶えない現場」と充実した表情で語った。
 物語は情けないプリンスだった家康が乱世を終わらせ、亡くなるまでを描き、磯智明チーフプロデューサー(56)は「フルコースです」とアピール。この日は家康(当時は松平元康)が岡崎城に戻るべきかを話し合う、序盤の大きな見せ場を撮影していた。
 21日にクランクインした大森は「振り切った、今までに見たことのない松本潤を一番最前線で見られている。ご期待下さい」と呼びかけた。石川数正役の松重豊(59)も「もう還暦近いんですけど、今僕がやってる役は28歳です」と笑わせつつ、「周りが何とかしてあげたくなるような魅力あふれる家康が今、まさに生まれつつありますね」と「殿」を絶賛した。
 また松本は事務所の先輩であり、織田信長を演じる岡田准一(41)との撮影もスタート。「テストでは一切やらず、本番でいきなり仕掛けられて翻弄(ほんろう)されている部分がある」と苦笑いしたが、「岡田先輩に全幅の信頼を置いて、楽しくやらせていただいてます」と感謝していた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ