本文へ移動

逗子海岸が「煙のないビーチ」にリニューアル

2022年7月2日 10時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
逗子海岸の加熱タバコ専用エリア

逗子海岸の加熱タバコ専用エリア

 逗子海岸営業協同組合が運営する神奈川県逗子海水浴場は、フィリップモリスジャパン(以下PMJ)と同組合の協業により「海開き」当日の1日から「煙のないビーチ」に生まれ変わった。これは同海水浴場に加熱式たばこ専用エリア=写真=を設けることによって実現した。
 今回の喫煙環境整備や同組合がこれまで手掛けてきた環境美化活動、教育啓発活動により、同海水浴場は厳しい審査基準で知られる国際的な認証制度「ブルーフラッグ」を取得。
 PMJの湯田将人氏は「逗子海岸営業協同組合と&beach(アンドビーチ)から『ビーチをより快適でクリーンにしたい』との相談を受け、サポートを引き受けました。これからもPMJが掲げる『煙のない社会』の実現に向けてサポートをしていきたい」と抱負を述べた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ