本文へ移動

楽天・島内が逆転3ラン ロッテ佐々木朗の緊急降板後、2番手の小沼から

2022年7月1日 20時08分

このエントリーをはてなブックマークに追加
逆転3ランを放った楽天・島内(左)は田中将に迎えられる

逆転3ランを放った楽天・島内(左)は田中将に迎えられる

◇1日 ロッテ-楽天(ZOZOマリン)
 「4番・右翼」でスタメン出場した楽天・島内宏明外野手が5回、逆転の5号3ランをたたき込んだ。2死一、二塁の好機で、ロッテの先発・佐々木朗の緊急降板を受けて2番手で登板した小沼が投じた2球目の直球をフルスイング。打球は右翼フェンスを越えた。
 打線は4回までに佐々木朗に10個の三振を奪われ、島内も2打席連続で三振を喫していた。しかし、ここぞの場面で持ち味の勝負強さを発揮。島内は三塁ベンチに笑顔で戻ったが、「あ、今はいいです」と言うだけで、ウイットやユーモアに富んだコメントを出すことなく、試合に集中した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ