本文へ移動

【J1名古屋】長谷川監督が手応え「アグレッシブに戦っていきたい」2日湘南戦で『勝ち点3』つかみ取る

2022年7月1日 19時24分

このエントリーをはてなブックマークに追加
長谷川監督

長谷川監督

 J1名古屋の長谷川健太監督は1日、湘南戦(レモンS)を翌日に控えてオンラインで取材に応じ、6月26日の鹿島戦(豊田ス)後半で得た手応えを語った。チームは同日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで非公開で調整した。
 結果は引き分けに終わったものの、鹿島戦の後半は押し込んで展開し、相手守備を崩す場面も目立った。「戦う姿勢を前面に出し、自分たちでサッカーをしながらゴールに迫れた。引き続きそういうサッカーを続けていきたい」。上位相手に主導権を握れた戦い方を、今度は勝ち点3につなげたい。
 次戦の相手となる湘南は16位だが、グランパスとの勝ち点差は「2」。指揮官はその重要性とプレッシャーを認めつつ「今までもそういうゲームをしてきているつもり。今まで同様、アグレッシブに戦っていきたい」と継続を誓った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ