本文へ移動

ロッテ佐々木朗希が緊急降板、右手指からの出血か  「1イニング4K」含む4回10奪三振も…

2022年7月1日 19時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロッテ・佐々木朗

ロッテ・佐々木朗

◇1日 ロッテ-楽天(ZOZOマリン)
 ロッテの佐々木朗希投手が緊急降板した。4回まで64球で被安打2、10奪三振の無失点と好投。しかし、右手指からの出血がみられ、4回限りで降板。5回からは小沼がマウンドに上がった。
 この日は1回に振り逃げを含め、プロ野球史上26人目(27度目)となる「1イニング4奪三振」をマーク。その後も2回2死から4回にかけて6者連続三振を奪った。
 また、自身7試合ぶりの2桁奪三振をマーク。1試合10奪三振以上は5月6日のソフトバンク戦(ZOZOマリン)以来で今季4度目。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ