本文へ移動

愛知大会が2日開幕 東邦の落合智哉主将が選手宣誓【全国高校野球・愛知大会】

2022年7月1日 19時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
選手宣誓をする東邦の落合智哉主将

選手宣誓をする東邦の落合智哉主将

 第104回全国高校野球選手権(8月6日から17日間)の甲子園代表を決める愛知大会が2日、名古屋市のパロマ瑞穂球場などで開幕する。
 175チームが出場。同日午前9時からは同球場で開会式が行われ、今春の県大会を制した東邦の落合智哉主将(3年)が選手宣誓をする。
 東邦、愛工大名電、享栄が優勝争いの軸。ノーシードの中京大中京や春4強の星城、豊川なども楽しみな存在だ。公立ながら甲子園春夏通算7度の出場を誇る大府は中嶋勇喜監督が就任後初の夏に挑む。
 一色、加茂丘、衣台、御津との5校連合チームで出場する豊川特別支援学校や、今春から男女共学化して1年生のみの部員で臨む修文学院の戦いにも注目。順調に日程が進めば30日に岡崎レッドダイヤモンドスタジアムで決勝が行われる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ