本文へ移動

フランス代表は猛暑想定し「克服できるだけの厳しい練習を重ねてきた」オリヴォン主将は自信満々【ラグビー】

2022年7月1日 18時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
スクラム練習するフランスFW。左端がオリヴォン主将

スクラム練習するフランスFW。左端がオリヴォン主将

 ラグビーのテストマッチで2日に日本代表と対戦するフランス代表は1日、試合会場の豊田スタジアムで練習。猛暑が予想されているが、試合開始時刻の午後3時にはピッチはほぼ全面が日陰となっていた。
 フランカーのシャルル・オリヴォン主将(29)は「2019年のW杯でも日本に来たが、そのときよりもかなり厳しいコンディションということは覚悟している。でもそれを克服できるだけの厳しい練習を重ねてきた。自信を持って試合に臨めます」と胸を張り「熱中症にならないための対策、プロトコル(手順)も立てて、トレーニングも順調にできている」と前向きなコメントを発した。
 日本は試合直前になってコロナ感染者が続出するなどチーム編成に苦労しているが、ラファエル・イバネス団長は「われわれもフランスを出国する前に選手とスタッフに感染者が出たけれど、みな復帰できている。お互いにいい準備をして試合に臨めると思う」と、好試合を誓った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ