本文へ移動

〈参院選2022〉相次ぐ値上げ 困ってます

2022年7月1日 10時17分 (7月1日 11時35分更新)
 食品、ガソリン、光熱費など、生活に欠かせない品目が幅広く値上がりする昨今。参院選では各党が物価高対策を訴えるが、先行きは見通せない。相次ぐ物価の上昇、どう乗り切るか-。街の声を聞いた。

買い物客が行き交う大須商店街=名古屋市中区で

 約千二百店舗が連なる名古屋市中区の大須商店街。夫と娘と来ていた主婦(49)は「日用品全般に値上げを感じる」とため息をつく。飲食店のメニューも高くなったと感じるが、子どもが外食を楽しみにしているため、外食の回数は削っていない。その代わりに普段、飲み物は自動販売機で買わず、なるべくスーパーで箱売りのお茶をまとめ買いするなど、地道に節約に取り組んでいる。
 買い物途中の別の主婦(42)が特に値上がりを感じているのは、タマネギ。「料理でよく使うので非常に困る」。今まではあまり値段を意識せず買い物していたが、「今は何が必要か考えてから買い物に行く。高いと思ったら我慢することが増えた」と話す。
 最寄りの地下鉄駅出口近くで信号待ちをしていたアパレル店員の女性(22)も「特に食品や野菜の値上がりが気になる」。最近は、長持ちする冷凍のカット野菜を多用したり、比較的安価な業務用スーパーで一度に大量の野菜を買い込んだりしてい...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報