本文へ移動

富山市 4日連続猛暑日 県内6月 真夏日11日間

2022年7月1日 05時05分 (7月1日 09時44分更新)
厳しい暑さの中、日傘を差して歩く人たち=30日、富山市桜町で(平井剛撮影)

厳しい暑さの中、日傘を差して歩く人たち=30日、富山市桜町で(平井剛撮影)

 三十日の富山県内は高気圧に覆われて晴れ、富山市で三六・七度を記録し、四日連続の猛暑日となった。氷見市では六月としては観測史上最高の三五・六度となり、十カ所全ての観測地点で気温が三〇度を超えた。
 富山地方気象台によると、六月に県内の観測地点で二五度以上を観測した日が十七日間あり、そのうち十一日間が三〇度以上、五日間が三五度以上の猛暑日だった。
 最高気温は二十九日に富山市で観測した三七・二度、最低気温は一日に上市町で観測した九・五度。一〜二十九日の積算の降水量は、最も少なかった富山市八尾で平年の36%の六二ミリ。日照時間は、最も長かった氷見市で平年の一・四倍の二一二・三時間だった。
 これまで六月に猛暑日を記録したのは一九九一、二〇〇四、〇五、一一年の各一日間のみ。年間の猛暑日が二十二日間と最も多かった一八年でも、六月はゼロだった。気象台の担当者は「今年の六月がいかに暑かったかがデータからも裏付けられる」と述べた。

関連キーワード

おすすめ情報