本文へ移動

北京五輪「銀」の鍵山優真、新シーズンのSPはロックで攻める「いろいろなことに挑戦」し「進化」を誓う

2022年6月30日 20時56分

このエントリーをはてなブックマークに追加
鍵山優真

鍵山優真

 フィギュアスケート男子で、北京冬季五輪銀メダリストの鍵山優真(19)=オリエンタルバイオ・中京大=が30日配信のオンライン番組で、2022~23年シーズンのショートプログラム(SP)を初公開した。
 曲は米ロックバンド、イマジン・ドラゴンズの「ビリーバー」で、過去には羽生結弦(ANA)や宇野昌磨(トヨタ自動車)らも手がけたシェイリン・ボーンさんが振り付けた。映像ではジャンプ構成を暫定としたが、ロック調のメロディーに乗って全身を大きく使って滑る内容を披露した。
 女子で2大会連続五輪出場の鈴木明子さんとの対談でSPを「運動量がすごい。でも、滑っている自分がすごく楽しい」と振り返った鍵山はシーズンテーマを「進化」と設定。4回転ルッツの習得に取り組んでいることも明かし、「可能性を広げるという意味で、諦めずにいろいろなことに挑戦していきたい」と意気込んだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ