本文へ移動

明石家さんま座長の正月公演が全国展開へ 共演の芸人らも”戦々恐々”も気合十分!

2022年7月1日 00時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
明石家さんまが座長を務める公演「笑輪の笑い~Born ready達~全国ツアー」のビジュアル

明石家さんまが座長を務める公演「笑輪の笑い~Born ready達~全国ツアー」のビジュアル

 タレント明石家さんま(67)が座長を務める公演「笑輪(しょうわ)の笑い~Born ready達~全国ツアー」が10月から開催されることになった。
 さんまが40年ぶりになんばグランド花月(大阪市)で座長を務めた今年の正月興行を全国展開する。さんまのほかに松尾伴内(59)、ジミー大西(58)、中川家、次長課長、岩井ジョニ男、アキナ、アインシュタイン、金原早苗(35)の総勢13人の豪華出演者が集結し、全国に笑いを届ける。
 ツアーは10月1、2日の福島公演(南相馬市民文化会館 ゆめはっと大ホール)を皮切りに来年2月4、5日の山口公演(下関市民会館 大ホール)、同3月4、5日の宮崎公演(メディキット県民文化センター 演劇ホール)と続いていく。
 アキナの秋山賢太(39)は「さんま師匠の、あのお正月公演が帰ってくると思ったら、もう震えがとまりません。ほんと、すんごいんです。みなさん、お待ちしております」、相方の山名文和(41)も「さんま師匠の公演に参加させてもらえるとは、おそれ多さと喜びと恐怖がぐるぐると身体中を駆け回っております。僕がボケる時、お客さまはもちろんなんですが、舞台上のさんまさんが、自分にとっては最前列のお客さんであり審査員であるような感覚になることでしょう。目から血が出ぬようこの戦場に向かいたいと思います」とコメント。
 アインシュタインの河井ゆずる(41)は「こんなすごいメンバーの皆さんと全国を回らせていただけるのはありがたい限りです。生のお客さんの反応を感じれるのを楽しみにしてます!」、相方の稲田直樹(37)は「まさかツアーまでご一緒させていただくとは思ってなかったのでとても光栄です。全国各地でお笑いで師匠方にボコボコにされると思うとワクワクします! ぜひお越しください」とPRしている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ