本文へ移動

【中日2軍】ブライト、泳がされても”プロ1号”逆風切り裂き左翼に着弾「前で打てたことは良かった」

2022年7月1日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
4回表無死、左越えソロを放つブライト

4回表無死、左越えソロを放つブライト

◇30日 ウエスタン・リーグ オリックス9―4中日(杉本商事BS舞洲)
 中日のドラフト1位ルーキー、ブライト健太外野手(23)が「5番・左翼」で先発出場し、4回に左越えへプロ初本塁打を放つなど、4打数2安打と活躍した。
     ◇
 逆風を切り裂いた打球は左翼のネットに突き刺さった。ブライトが2軍ながらプロ1号弾を放った。ダイヤモンドを悠々と1周し、ベンチでチームメートから祝福された。
 「最近、大振りになって差し込まれていたので、その中で前で打てたことは良かった。タイミングを取るのが早くて泳がされたけど、あのポイントで打てば入るのが分かったので収穫です」
 1回の第1打席に左飛に打ち取られ、迎えた2点を追う4回の第2打席だった。先頭で打席に入り、オリックス先発の育成左腕・辻垣の初球の直球を完璧に捉えた。2軍公式戦出場21試合、74打席目での一発だった。
 片岡篤史2軍監督は「昨日は2三振したけど、いい時と悪い時の差を縮めていってくれれば。しっかり課題にも取り組んでいるし、鵜飼、福元もいるのでライバル心を持ってやっていってほしい」と期待を込めた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ