本文へ移動

日本フェンシング協会が沖縄合宿“レジャー化”報道について謝罪 武井壮会長も28日に意味深ツイート

2022年6月30日 14時53分

このエントリーをはてなブックマークに追加
武井壮

武井壮

 日本フェンシング協会は30日、HPで「男女エペ沖縄合宿についての週刊誌報道に関するお詫びとご報告」と題した文書を公開。観光旅行だったとする一部報道について謝罪した。
 合宿は18~25日に行われ、選手や家族がレジャーに興じていたという一部報道があった。これに協会は「当協会に対する信用を大きく毀損する可能性のある重大な事案であると認識しており、このような事態に至ったことを深くお詫び申し上げます」と謝罪した。
 またその理由について「事前に提出されていた内容から、合宿直前に大幅な変更が生じていましたが、そのことが担当コーチから強化本部に報告されておりませんでした」「軽微なスケジュール変更については報告を求めておりませんでした」と釈明しつつ、「今回のスケジュール変更は軽微とは言い難く、変更後の内容は当初提出されていた合宿の目的を達成すると判断し難いものでした」と「レジャー旅行」化を非難。「このことは合宿の事後報告書が提出される前に、週刊誌の報道によって我々の知るところとなりました」と寝耳に水だったことも明かした。
 また合宿には助成金がからむことから、今後は「活動実績が助成金申請に適する内容であるかの精査を改めて義務化・徹底します」と宣言。「今後、再発防止並びに信頼回復に向けて協会全体として真摯に取り組んでまいります」と締めくくった。
 この件に関してはタレントで日本フェンシング協会会長の武井壮が28日、「ふう、さすがにもう守りきれん…」と意味深なツイートを投稿していた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ