本文へ移動

竪穴住居跡、新たに2軒発掘 伊那・西春近南小遺跡

2022年6月30日 05時05分 (6月30日 14時24分更新)
新たに見つかった古墳時代の竪穴住居跡。27日には近くの西春近南小の児童が見学に訪れた=伊那市西春近で

新たに見つかった古墳時代の竪穴住居跡。27日には近くの西春近南小の児童が見学に訪れた=伊那市西春近で

 伊那市西春近の西春近南小学校遺跡で、古墳時代の竪穴住居跡が新たに二軒発掘された。同遺跡では二〇一九年の調査でも古墳時代の住居跡が一軒見つかっており、市教委は、この地に集落があったことが明らかになったとしている。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧