本文へ移動

「狂俳」の絵で笑って 萩原の大久保さん、13日から下呂温泉街で展示

2022年6月30日 05時05分 (6月30日 12時45分更新)
自身の作品を手に鑑賞を呼び掛ける大久保さん=下呂市で

自身の作品を手に鑑賞を呼び掛ける大久保さん=下呂市で

 七月十三日〜八月下旬に下呂市の下呂温泉街であんどんに入れて展示される「狂俳」の作品に、絵を付ける作業が進んでいる。狂俳は、江戸時代から庶民に親しまれてきた言葉遊びだけに、絵も思わずほほ笑んでしまうものが多い。作業を担っている大久保皓嗣(こうじ)さん(76)=同市萩原町萩原=は「句と一緒に絵も楽しんでほしい」と呼び掛けている。 (上田千秋)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

岐阜の新着

記事一覧