本文へ移動

メイショウハリオがG1実績馬一蹴「追ってしっかり伸びる」会心の浜中俊「気持ち良かった」【帝王賞】

2022年6月29日 21時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
帝王賞を制したメイショウハリオ

帝王賞を制したメイショウハリオ

◇29日 第45回帝王賞(大井・Jpn1・ダート2000メートル)
 ダート界に、またまた新星誕生だ。メイショウハリオが初の地方競馬挑戦で見事にG1実績馬を一蹴。ゴール後、ガッツポーズが飛び出した浜中俊は「気持ちが良かったです」と誇らしげに胸を張った。
 9頭立てと出走頭数は少なかったが、序盤から激しいレースだった。「追ってしっかり伸びる馬。最後は頑張ってくれと願う僕の気持ちに応えてくれました」。向正面から早くもペースが上がり、先行勢の後ろでやや置かれるシーンも。それでも相棒の末脚を信じて食らいついた。
 最終コーナーを回ると、鋭い右ムチの連打がさく裂。残り100メートルで先頭に立つと、内のチュウワウィザードとの叩き合いを力強く制し、栄光のゴールへと飛び込んだ。
 昨年は同世代のテーオーケインズがこのレースを制し、世界へと羽ばたいた。そしてその王者をダート上半期のグランプリで負かした5歳馬は、これからが充実期だ。「トップメンバーだったし、それに勝てたのは大きな自信になりました」と鞍上も、岡田稲師も同じ言葉を口にした。この後は放牧でリフレッシュするが、どこまで強くなるのか。メイショウハリオの持つ可能性は計り知れない。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ