本文へ移動

ウクライナ支援へチャリティーマルシェ 出身のオーリャさんら 鈴鹿のエステ店

2022年6月30日 05時05分 (6月30日 05時05分更新)
マルシェへの来場を呼び掛ける仲村さん(左)とオーリャさん=鈴鹿市桜島町で

マルシェへの来場を呼び掛ける仲村さん(左)とオーリャさん=鈴鹿市桜島町で

 ロシアによる侵攻が続くウクライナを支援する「チャリティーマルシェ」が七月二日、鈴鹿市桜島町のエステ店「POLA Lemon(ポーラ・レモン)」で催される。侵攻への抗議デモなどに参加する同国出身の同店スタッフ、柏谷オーリャさん(41)=同市南玉垣町=を支えようと、同店が企画した。売り上げの一部を現地の支援団体へ届ける。(横田浩熙)
 当日は午前十時~午後三時、市内外の生花店や雑貨店など十四事業者が出店。焼き菓子や雑貨などを並べるほか、キッチンカーで洋食やドーナツ、ワッフルなども販売する。ウクライナ国旗に使われる青と黄の二色の布マスクやヘアアクセサリー、オーリャさんが手作りした刺しゅう入りのトートバッグやミサンガも扱う。
 オーリャさんは二〇〇一年、日本人男性との結婚を機に来日。祖国では今も母と兄、妹らが暮らす。攻撃の危険を知らせるサイレンが昼夜問わず鳴り響き、住民らの疲労感は高まっているという。家族のいる町にはまだ被害が出ていないものの「いつミサイルが撃ち込まれてもおかしくない」と危惧する。

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報