本文へ移動

【帝王賞】悔しさにじむテーオーケインズ鞍上の松山「申し訳ない。枠も良くいい形で流れに乗れたが…」

2022年6月29日 21時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
メイショウハリオが制した帝王賞

メイショウハリオが制した帝王賞

◇29日 第45回帝王賞(大井・Jpn1・ダート2000メートル)
 上半期のダート王決定戦は5番人気メイショウハリオ(浜中)が直線の競り合いを制しG1初勝利を挙げた。
 史上初の連覇を狙ったテーオーケインズは、直線でまさかの失速。単勝1・5倍の断然人気に応えられず、3着馬から4馬身差もつけらる4着でゴールした。松山弘は「人気をしていたが結果を出せずに申し訳ないです。枠も良くいい形で流れに乗れたが…」と、悔しさをにじませた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ