本文へ移動

契約解除のJ1神戸ロティーナ監督「悪い流れを変えることができず、申し訳なく思っています」

2022年6月29日 20時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
神戸・ロティーナ前監督

神戸・ロティーナ前監督

 J1リーグのヴィッセル神戸は29日、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督(65)と28日付で契約解除をしたと発表した。イヴァン・パランコヘッドコーチも契約解除。2勝5分け11敗、勝ち点11の最下位と低迷する神戸の監督交代は今季3度目となる。後任は強化部スタッフの吉田孝行さん(45)が務める。
 J1リーグでは東京ヴェルディ、セレッソ大阪、清水エスパルスの監督を歴任してきたロティーナ監督。4月上旬の神戸監督就任後は2勝1分け6敗と低迷から抜け出せないままだった。
 契約解除されたロティ―ナ前監督は、クラブを通じてコメントを寄せた。
 「ヴィッセル神戸に関わる皆さまにお別れのあいさつをしたいです。まず、三木谷会長と強化部へ、私を信頼してこの偉大なクラブの歴史に加わるチャンスをいただけたことを感謝したいです。また、コーチングスタッフ、メディカルスタッフ、マネジャー、そしてクラブの職員のすべての方の努力とサポートに心からお礼を言いたいです。サポーターの皆さん、私と家族に愛情を持って接してくださり、ありがとうございました。皆さんの応援はクラブにとってとても重要なものです。これからも引き続きクラブへの応援、サポートよろしくお願いいたします。最後に、プロフェッショナルな姿勢で多大な努力をしてくれた選手たち全員に感謝したいです。この姿勢で努力を続けることが、きっと結果につながっていくと信じています。チームの悪い流れを変えることができず、順位表で上にいくお手伝いができなかったことを申し訳なく思っています。ただ、チームはまだ4つの大会で戦っており、まだまだ素晴らしいシーズンにする時間は十分残っています。クラブ、選手、サポーターがともに団結して戦い続けることができれば、きっと実りあるシーズンにできることを確信しています。あらためて、これまでどうもありがとうございました」 

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ